農機の買取り・処分なら、「農機買取/処分センター」に是非ご相談ください。

豆知識

1.どんな農機具をいつ使うの?

農機具は大きく分けて、耕運、整地用機械・施肥、播種、移植、除草などの管理機械・収穫用機械・運搬機械、ポンプや動噴などの潅水機械があります。

とにかく色々な機械がありますし、地域によって生産する米や野菜も違う為、例えばトラクターにしても、中山間地では小型が多いが、平野や高涼地では外国製の大型が多いということがあります。

しかし、同じ目的の機械ならば大きく構造が違うことはありませんし、同じメーカーであれば共通部品もたくさんあります。

使用する時期は、稲作ならば3~6月にトラクター(耕運、代掻き)田植え機、コンバイン(麦の場合)、9~11月に同じくトラクターやコンバインの修理相談や購入が集中すると思われます。 農家が忙しい期間は、農機具屋さんも大忙しです。